チェーン店で導入|e-MACSに加盟して独立開業|プロから営業のノウハウを伝授

e-MACSに加盟して独立開業|プロから営業のノウハウを伝授

婦人

チェーン店で導入

男女

分析力や解析力が必要

POSの導入は販売店の経営戦略で最も有効な方法です。POSシステムは販売時点情報管理であり、どの時間帯でどの場所で何が誰に販売されたのかを商品ごとにリアルタイムで記録されるものです。コンビニエンスストアなどで導入されていることが多く、多数の店舗展開している企業においては非常に重要なマーケティングシステムとなります。注意しなければならないのはこのデータをいかに有効に活用するかです。集計されたデータはあくまでも個々のデータの集合体です。これを次の販売に活かすことができなければPOSシステムの導入の意味は全くなくなってしまうのです。そのため分析力や解析力を持ってPOSデータを取り扱うことが何より大事なポイントになります。

ロスや損失を最小限にする

POSシステムは商品の在庫状況を把握することにも役立ちます。在庫を抱える販売業は、在庫の保有数を最小限にすることによりコストを減らすことができます。半面店頭での在庫切れによる販売ロスを最小限にしなければ売上喪失につながってしまいます。そして生鮮食品などにおいては消費期限も設けられているため、廃棄ロスも最小限にしなければならないのです。販売状況を事細かくデータ化することによって販売予測を立てることができるのです。それをPOSシステムは実現することが可能になります。今やチェーン店では多くの企業で導入されており、消費者の動向などを細かく分析や解析しているのです。これによって我々消費者の利便性を向上させているのです。